群馬県邑楽郡大泉町の医療法人 徹裕会 蜂谷病院
サイトマップサイトのご利用について
 
スタッフブログ
 
 

2021年09月(2)
2021年08月(1)
2021年07月(1)
2021年06月(4)
2021年05月(5)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(3)
2020年11月(4)
2020年10月(2)
2020年09月(3)
2020年08月(2)
2020年07月(1)
2020年06月(3)
2020年05月(3)
2020年04月(7)
2020年03月(2)
2020年02月(3)
2020年01月(3)
2019年12月(6)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年09月(3)
2019年08月(5)
2019年07月(3)
2019年06月(1)
2019年05月(0)
2019年04月(4)
2019年03月(3)
2019年02月(4)
2019年01月(2)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(2)
2018年09月(1)
2018年08月(4)
2018年07月(3)
2018年06月(3)
2018年05月(0)
2018年04月(5)
2018年03月(4)
2018年02月(3)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(9)
2017年10月(2)
2017年09月(6)
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(9)
2017年05月(5)
2017年04月(7)
2017年03月(3)
2017年02月(2)
2017年01月(5)
2016年12月(2)
2016年11月(5)
2016年10月(3)
2016年09月(3)
2016年08月(2)
2016年07月(0)
2016年06月(2)
2016年05月(4)
2016年04月(1)
2016年03月(0)
2016年02月(0)
2016年01月(1)
2015年12月(7)
2015年11月(1)
2015年10月(2)
2015年09月(1)
2015年08月(0)
2015年07月(1)
2015年06月(7)
2015年05月(1)
2015年04月(0)
2015年03月(1)
2015年02月(0)
2015年01月(0)
2014年12月(2)
2014年11月(1)
2014年10月(1)
2014年09月(0)
2014年08月(3)
2014年07月(1)
2014年06月(6)
2014年05月(0)
2014年04月(0)
2014年03月(1)
2014年02月(0)
2014年01月(1)
2013年12月(2)
2013年11月(0)
2013年10月(0)
2013年09月(0)
2013年08月(0)
2013年07月(1)
2013年06月(0)
2013年05月(0)
2013年04月(0)
2013年03月(2)
2013年02月(0)
2013年01月(0)
2012年12月(1)
2012年11月(0)
2012年10月(0)
2012年09月(0)
2012年08月(1)
2012年07月(0)
2012年06月(0)
 
腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニアの治療例

 

腹壁瘢痕ヘルニアといって過去のお腹の手術の傷がぽこって膨らむ状態です。

手術の時に筋肉と筋肉を寄せるのですが腹圧がかかって再度開いてしまった状態です。

再度傷を縫う方法もありますが、再発する可能性が高いです。

メッシュという人口補強材を使用して腹壁を補強します。

数カ所の小さい傷で治すことができます。

 

 

 

 

腹腔鏡の小さな傷もわからないと思います。

 

 

 

 

全身麻酔です。手術時間は3時間くらいです。

入院期間は3日から1週間です。

腹壁瘢痕ヘルニアでお悩みの方はぜひご相談ください。


2021年07月30日ヘルニア【治療例】

腹腔鏡鼠径ヘルニア手術

右鼠径ヘルニアの方です。

手術を受けて頂く際にどのように手術するのか知っておくのも大切なことです。

全身麻酔で手術を行います。

 

 

手術時間は約1時間15分です。

1泊2日で治療は完了します。


2020年11月24日ヘルニア【治療例】

鼠径ヘルニアってどうしてふくれるの?

お答えします。

腹腔鏡手術の映像を使って説明いたします。

腹腔鏡手術とは小さい傷からカメラや鉗子(かんし)を使用した低侵襲な手術です。

 

 

 

この症例は両側例です。

左右とも野球ボールくらいの膨らみがありました。

上の写真は腹腔鏡でお腹の中から観察している状態です。

外鼠径、内鼠径の違いはヘルニア門(袋の入り口)が下腹壁動静脈の外側にあるか内側にあるかの違いです。

ここに腸管が入っていくため膨らみます。

今は腹腔内から治療する腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術というのもあります。

当院での治療は体表からですが、そのうち導入を考えております。


2015年12月15日ヘルニア【治療例】


1 | 2
HOME病院からのお知らせ病院概要診療科のご案内関係者・採用情報入院・お見舞いのご案内交通のご案内病棟・施設のご案内
Copyright 2012 Hachiya hospital. All Rights Reserved.