群馬県邑楽郡大泉町の医療法人 徹裕会 蜂谷病院
サイトマップサイトのご利用について
 
スタッフブログ
 
 

2019年03月(2)
2019年02月(4)
2019年01月(3)
2018年12月(5)
2018年11月(3)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年08月(4)
2018年07月(3)
2018年06月(3)
2018年05月(0)
2018年04月(5)
2018年03月(4)
2018年02月(3)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(9)
2017年10月(2)
2017年09月(6)
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(9)
2017年05月(5)
2017年04月(7)
2017年03月(3)
2017年02月(2)
2017年01月(5)
2016年12月(2)
2016年11月(5)
2016年10月(3)
2016年09月(3)
2016年08月(2)
2016年07月(0)
2016年06月(2)
2016年05月(4)
2016年04月(1)
2016年03月(0)
2016年02月(0)
2016年01月(1)
2015年12月(7)
2015年11月(1)
2015年10月(2)
2015年09月(1)
2015年08月(0)
2015年07月(1)
2015年06月(7)
2015年05月(1)
2015年04月(0)
2015年03月(1)
2015年02月(0)
2015年01月(0)
2014年12月(2)
2014年11月(1)
2014年10月(1)
2014年09月(0)
2014年08月(3)
2014年07月(1)
2014年06月(6)
2014年05月(0)
2014年04月(0)
2014年03月(1)
2014年02月(0)
2014年01月(1)
2013年12月(2)
2013年11月(0)
2013年10月(0)
2013年09月(0)
2013年08月(0)
2013年07月(1)
2013年06月(0)
2013年05月(0)
2013年04月(0)
2013年03月(2)
2013年02月(0)
2013年01月(0)
2012年12月(1)
2012年11月(0)
2012年10月(0)
2012年09月(0)
2012年08月(1)
2012年07月(0)
2012年06月(0)
 
花粉症~その2~

天気がいい日が続いていますね。

インフルエンザの流行も落ち着き、花粉症でお悩みの方の受診が増えてきました。

花粉症の約70%はスギ花粉症だと推察されます。
これは日本の国土に占めるスギ林の面積が大きく、全国の森林の18%、国土の12%を占めているためでもあります。 ヒノキ科花粉による花粉症も見られますが、よりスギの人工林が多いのでスギ花粉が多く飛散します。

 

人間の頭髪、スギ花粉、PM2.5の大きさを比較した写真(東京都HPより)

 

こうみると花粉ってすごく小さいですよね。

この時期は洗車しないと車にたくさん付着していますね。

 

予防するにはマスクの正しい装着が大切です。たくさんのマスクが売っていますね。

 

環境省の「花粉症環境保護マニュアル」(2014年版)によると、マスクの装着で花粉を1/3~1/6にすることができ、さらに性能のよいマスクを活用すれば、95%以上の花粉がカットできることもあるようです。

マスクの装着方法で注意したいのが、顔との間にすき間を作らないこと。顔にフィットするタイプのマスクを選ぶことはもちろんですが、マスクの内側にガーゼをあてるインナーマスクを活用すると、さらに高い花粉カット効果が期待できるそうです。

 

それでも症状が強い方は受診をお勧めします。

最近は体にはるシールタイプの薬も出ています。

 

花粉の時期を乗り越えが桜咲く季節が待っています!!


2019年03月19日お知らせ

花粉症 ~その壱~

花粉症シーズンがやってきました。

この時期になりますと気持ちが憂鬱ですよね。

くしゃみや鼻水のせいで、仕事や日常生活にも影響が出てしまいます。

今年になって初めてこれって花粉症?って方もいらっしゃいます。

 

 

毎週花粉症について更新していきます。

 

 

まずは素朴な疑問についてお答えします。

 

 

 

花粉症は、いつから治療するのがいいですか?
 

毎年、花粉症でつらい思いをしている方は、症状がでる前や症状が軽いうちから経口治療薬を開始することをおすすめします。予防的に薬を飲むことで、症状が出る時期を遅らせ、花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できます。

 

 

 

医療機関で処方される薬とドラッグストアで市販されている薬は同じ?
 

町の薬局やドラッグストアで市販されている飲み薬(鼻炎薬)は、その多くが第1世代の抗ヒスタミン薬や初期の第2世代を中心にいくつかの薬剤が組み合わされた複合薬です。
一方、医療機関で処方される薬は第2世代抗ヒスタミン薬のより新しいものが主流です。新しい薬ですと眠くなるなどの副作用が少ないです。よい薬を希望されるようなら病院受診をおすすめします。

 

 

 

雨・曇りの日は花粉飛散が少ないというのは本当ですか?
 

雨の日は、花粉の飛散が少ないです。しかし、雨の日の翌日は、雨で落ちた花粉が乾いて再び飛散するので飛散する量はかえって多くなります。くもりの日も、風が強い日などは注意しましょう。花粉シーズンには、テレビの花粉週間予報をチェックしてからお出かけください。

 

 

 

どんな服を着ていても症状に関係ない?

衣服についた花粉を室内に持ち込むと、家の内でも症状がつらくなってしまいます。ウールなど花粉がつきやすい素材は極力避けた方がよいでしょう。
特にコートなどはすべすべした素材がおすすめです。女性の場合は、首筋をガードするスカーフの使用も効果があります。男女を問わず、つばの広い帽子をかぶるのも、顔や髪の毛につく花粉を少なくする効果が期待できます。また、静電気は大敵。市販されている花粉をつきにくくするスプレーなども有用かもしれません。必ず玄関で花粉をはらってから、家に入るようにしましょう。


2019年02月05日お知らせ

2019年 明けましておめでとうございます。


2019年01月01日お知らせ


1 | 2 | 3 | 4 | 5
HOME病院からのお知らせ病院概要診療科のご案内関係者・採用情報入院・お見舞いのご案内交通のご案内病棟・施設のご案内
Copyright 2012 Hachiya hospital. All Rights Reserved.