群馬県邑楽郡大泉町の医療法人 徹裕会 蜂谷病院
サイトマップサイトのご利用について
 
スタッフブログ
 
 

2020年07月(0)
2020年06月(3)
2020年05月(3)
2020年04月(7)
2020年03月(2)
2020年02月(3)
2020年01月(3)
2019年12月(6)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(3)
2019年08月(5)
2019年07月(3)
2019年06月(1)
2019年05月(0)
2019年04月(4)
2019年03月(3)
2019年02月(4)
2019年01月(3)
2018年12月(4)
2018年11月(3)
2018年10月(2)
2018年09月(1)
2018年08月(4)
2018年07月(3)
2018年06月(3)
2018年05月(0)
2018年04月(5)
2018年03月(4)
2018年02月(3)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(9)
2017年10月(2)
2017年09月(6)
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(9)
2017年05月(5)
2017年04月(7)
2017年03月(3)
2017年02月(2)
2017年01月(5)
2016年12月(2)
2016年11月(5)
2016年10月(3)
2016年09月(3)
2016年08月(2)
2016年07月(0)
2016年06月(2)
2016年05月(4)
2016年04月(1)
2016年03月(0)
2016年02月(0)
2016年01月(1)
2015年12月(7)
2015年11月(1)
2015年10月(2)
2015年09月(1)
2015年08月(0)
2015年07月(1)
2015年06月(7)
2015年05月(1)
2015年04月(0)
2015年03月(1)
2015年02月(0)
2015年01月(0)
2014年12月(2)
2014年11月(1)
2014年10月(1)
2014年09月(0)
2014年08月(3)
2014年07月(1)
2014年06月(6)
2014年05月(0)
2014年04月(0)
2014年03月(1)
2014年02月(0)
2014年01月(1)
2013年12月(2)
2013年11月(0)
2013年10月(0)
2013年09月(0)
2013年08月(0)
2013年07月(1)
2013年06月(0)
2013年05月(0)
2013年04月(0)
2013年03月(2)
2013年02月(0)
2013年01月(0)
2012年12月(1)
2012年11月(0)
2012年10月(0)
2012年09月(0)
2012年08月(1)
2012年07月(0)
2012年06月(0)
 
直腸脱の手術

 

 

 

 

治療が成功して良かったですね。

何カ所も肛門科をまわったけど、軟膏対応しかしてもらえなくて・・・と外来でお話したのを覚えています。

手術後、診察に入ってきた笑顔がとっても素敵でした。

背筋もピンとしていて手術前と別人の様になっていましたね。

肛門はとてもデリケートな部分で日常生活に深く関わっている器官です。

 

 

写真のように腸が飛び出ている方はぜひとも御相談ください。

判りやすいように写真を掲載させていただきました。

 

 

直腸脱について

本来肛門の奥にある直腸が腹圧などにより反転しながら肛門の外まで脱転してしまう病態で、高齢の女性に多くみられます。頻度は少ないですが、若年者や男性にもあります。

[症状]
 はじめ排便時だけの脱出ですが、進むと歩行時や立ち上がるだけで脱出するようになります。肛門から直腸粘膜におおわれた手のひら大の脱出がみとめられ、粘液や時には出血もあります。脱出時、疼痛(とうつう)を伴うこともあり、内臓が下降するなんともいえない不快感があります。便失禁を合併し、下着を汚染する場合も少なくありません。

 


2020年04月17日肛門科【治療例】

痔治療例①

症例は60歳男性です。

排便時の出血で来院されました。

指でなんとか戻すことができました。

出血、脱出があり手術適応です。

局所麻酔で痔核根治術(痔核切除術)を施行しました。

局所麻酔ですが、静脈麻酔も使用し、眠った状態で手術を行いました。

手術時間は40分です。

1泊入院していただき翌日退院されました。

 

スライドの説明です。(もちろん治療を受けた方の了解は得ています。)

 

 

上段 

手術前の状態です。大きな外痔核が3か所あります。それぞれおしくらまんじゅう状態で肛門の外に出てきてしまっています。おそらく排便のたびに脱出しては指で戻していたと思われます。

中段 

左の痔の一か所を切除しました。傷はわざと解放させておきます。完全に縫い閉じると感染を助長させてしまうためです。一か月くらいで閉鎖します。

下段 

すべて切り終えたところです。痔はすべてとればいいというわけではありません。周りには肛門括約筋などもあり、過大手術をして逆に肛門が緩くなってはいけません。そこが腕の見せ所だと思います。

 


2015年12月15日肛門科【治療例】

治療例について

現在作成中です

もう少しお待ちください。


2015年06月01日肛門科【治療例】


HOME病院からのお知らせ病院概要診療科のご案内関係者・採用情報入院・お見舞いのご案内交通のご案内病棟・施設のご案内
Copyright 2012 Hachiya hospital. All Rights Reserved.