群馬県邑楽郡大泉町の医療法人 徹裕会 蜂谷病院
サイトマップサイトのご利用について
 
スタッフブログ
 
 

2018年12月(2)
2018年11月(3)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年08月(4)
2018年07月(3)
2018年06月(3)
2018年05月(0)
2018年04月(5)
2018年03月(4)
2018年02月(3)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(9)
2017年10月(2)
2017年09月(6)
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(9)
2017年05月(5)
2017年04月(7)
2017年03月(3)
2017年02月(2)
2017年01月(5)
2016年12月(2)
2016年11月(5)
2016年10月(3)
2016年09月(3)
2016年08月(2)
2016年07月(0)
2016年06月(2)
2016年05月(4)
2016年04月(1)
2016年03月(0)
2016年02月(0)
2016年01月(1)
2015年12月(7)
2015年11月(1)
2015年10月(2)
2015年09月(1)
2015年08月(0)
2015年07月(1)
2015年06月(7)
2015年05月(1)
2015年04月(0)
2015年03月(1)
2015年02月(0)
2015年01月(0)
2014年12月(2)
2014年11月(1)
2014年10月(1)
2014年09月(0)
2014年08月(3)
2014年07月(1)
2014年06月(6)
2014年05月(0)
2014年04月(0)
2014年03月(1)
2014年02月(0)
2014年01月(1)
2013年12月(2)
2013年11月(0)
2013年10月(0)
2013年09月(0)
2013年08月(0)
2013年07月(1)
2013年06月(0)
2013年05月(0)
2013年04月(0)
2013年03月(2)
2013年02月(0)
2013年01月(0)
2012年12月(1)
2012年11月(0)
2012年10月(0)
2012年09月(0)
2012年08月(1)
2012年07月(0)
2012年06月(0)
 
☆病院食で出せるパスタの試作☆

みなさん、こんにちはlaugh

今日は、休日を利用し、病院食として提供できるパスタの試作をしてみました。

うちの病院の現在のメニューを見ると、ラーメンやうどんやそばの麺類はあっても、

パスタがないのです…。

以前は、やっていましたが、止めた理由は、家やお店のように茹でたてを食べるわけではないので、

麺がくっついてしまいとても食べにくいと感じたからです。

一概に病院食と言っても、メニューとして使うには、いくつかの条件があります

 

①衛生的であること

 これが一番重要だと思います。いくら色彩豊かで美味しくても、食中毒が発生しては、意味がありません。

 病院には、体調の優れない方が入院していますので、常に注意が必要だと思います。

 

②作業工程の問題

 病院の食事は、毎食何時に提供するか決まっております。

 手作りで、手の凝ったメニューは、やはり時間がかかります。

 食数はもちろん、厨房の調理従事者の人数や、調理器具の有無を考慮しなければいけません。

 

③コスト面

 高くて美味しいのは当たり前!!

とは、言い切れませんが、高価な食材を使用すれば、病院食と思えないような食事が提供できる

かもしれません。

しかし、病院食は、1食あたりの食事料が決まっていますので、食材の価格と相談しつつ、考えて

いかなくてはなりません。

 

 

大まかにこの3つの事を、考慮し、メニューを決めています。

もちろん、糖尿病食や、心臓病食といった特別食は、また別の話しになります。

 

 

そこで今回は、「ただのミートソース」ではつまらないので、お洒落にボロネーゼというパスタを作ってみました。

 

感想は、時間的には、下ごしらえを入れると1時間程度でした。その1時間の中でも結構ソースを

煮込んでいる時間が多かったので、片付けや他の料理もできると思います。

野菜をみじん切りにするのが面倒→病院には大きなフードプロセッサーがあります。

やや味が濃い目だったので、塩分を調整します。

あと彩りに緑があれば、もっと華やかに見えると思いました。


2016年09月13日料理の事

残暑厳しい日の昼食 ♪冷やし中華♪

 

 

9月になりましたが、まだまだ残暑が厳しい今日頃ごろです。

今日のメニューは、こんな日にピッタリな「冷やし中華」でした。

 

 

「冷やし中華」と言えば、やはり夏を代表するメニューなので、

味のさっぱり感と、見た目の清涼感を重視して作りました。

冷やし中華は、ハムや卵の「たんぱく質」、きゅうりやトマトの「ビタミン」「ミネラル」が

一皿でとれるので、とてもバランスの良いメニューです。

 

ここで一つ豆知識をご紹介します。

 

冷やし中華の具の「錦糸卵」ですが、焼いている途中で破けたり、フライパンにくっついたりして上手く焼けない場合があると思います。

そこで、焼く前に一工夫。卵を割り入れて、溶きほぐすときに、一緒に、水溶き片栗粉を少し入れると、卵液が強くなり、破けにくくなります。

片栗粉少しなので、味も変わらす、キレイに焼けると思います。

 

 


2016年09月06日料理の事


1 | 2 | 3 | 4 | 5
HOME病院からのお知らせ病院概要診療科のご案内関係者・採用情報入院・お見舞いのご案内交通のご案内病棟・施設のご案内
Copyright 2012 Hachiya hospital. All Rights Reserved.